1960

高度成長
 

1961年 放電精密加工研究所を設立し、放電加工を中心とした技術で受託加工の事業を開始。

 

1963年 アルミ押出用金型の製造をはじめとした金型事業を開始(住宅分野に参入)。

 

放電加工を中心とした受託加工開始/住宅分野に参入

 

1970

大阪万博、ベビーブーム

1973年 セラミックスハニカム押出用金型の製造開始

 

エネルギー・自動車分野に参入/住宅需要増で売上拡大

 

1980

バブル、自動車生産台数で
日本が1位

1981年 米国より特殊耐熱および耐食コーティング処理技術を導入、航空機エンジン部品の表面処理事業を開始(表面処理技術による加工業務を開始)


1987年 タイ国に合弁会社KYODO DIE-WORKS(THAILAND)CO.,LTD.を設立(タイでアルミ押出用金型の製造開始)

 

エネルギー・自動車・住宅分野の需要増で売上拡大

 

1990

バブル崩壊も、電力需要は堅調

1999年 ジャスダック証券取引所へ上場


1999年 プレス機製造販売を本格的に事業化(機械装置等事業の開始)

 

エネルギー・自動車分野の成長で売上拡大

 

2000

リーマンショック、環境対策強化、エコカー需要増

2002年 デジタルサーボプレス機「ZENFormer」(世界最高レベルの精度のオリジナルプレス機)を発表


2003年 中国に合弁会社天津和興機電技術有限公司を設立


2005年 クロムフリー表面処理剤「ZECCOAT」(有害なクロムを含まないオリジナル塗料)の製造販売を開始

 

エネルギー・自動車分野の需要増、機械設備分野参入で、売上拡大

 

2010

世界経済回復、環境対策強化

2014年 航空機エンジン部品への本格参入(部分工程の加工の域を超えて、一貫工程を担うトータルソリューションサービスの提供開始)


2019年 株式会社ミヤギ(高精度の金型を製造)を吸収合併

 

自動車分野が堅調に推移、航空機エンジン部品へも本格参入、売上さらに拡大

 

2020

新型コロナショック、SDGs加速

2020年 KYODO DIE-WORKS(THAILAND)CO.,LTD.を連結子会社化


2020年 本社を神奈川県横浜市へ移転