“工作機械並みの高精度”をコンセプトに開発を行った直動式デジタルサーボプレス機「ZENFormer」は、

独自の新技術で完全平行制御を実現すると共に、ナノレベルの圧倒的な高精度加工を実現しました。

「市村産業賞」、「新機械振興賞」、「ものづくり日本大賞」、「MF技術大賞」など多くの表彰を受けました。

「ZENFormer」シリーズは、お客様のニーズに合わせたカスタム仕様の設計にも対応しております。

また、メンテナンスやカスタムの依頼にも幅広くご対応させて頂いております。

製品ラインナップ

ZENFormer

デジタル化の進んだ制御システムで”プレス加工の見える化と知能化”を可能に。DX時代の先駆けへ。

ダブルスライドでは2つのスライドの動きで補正するなど新工法で高精度成形を実現し、プレス加工を革新します。

MPS4100

MPS8300DS

MPS81000DS

MPS4100 MPS8300DS
(ダブルスライド)
MPS81000DS
(ダブルスライド)
加圧能力(kN) 980 インナ 1960
アウタ 980
インナ 4900
アウタ 4900
ストローク(mm) 300 150 400
オープンハイト(mm) 800 850 1000
ボルスタ寸法(mm) 1200 x 800 1200 x 600 2600 x 1400
スライド寸法(mm) 1200 x 800 インナ φ240
アウタ 1200 x 600
インナφ300+φ100x2
アウタ 2400 x 1200

ZENFormer nano

ZENFormerの特徴を維持しながらアンダードライブ構造の採用でプレス機械のコンパクト化を実現。

金属箔・フィルムなどクリーンな環境が求められる高精度加工分野に適応し、多種多様なラインへ組込みが可能です。

MPS405UD

MPS410UD

MPS430UD

MPS405UD MPS410UD MPS430UD
加圧能力 kN(ton) 49(5) 98(10) 294(30)
ストローク mm 150 150 150
シャットハイト mm 150 200 250
ボルスタ有効寸法 mm 250(W) x 250(D) 300(W) x 300(D) 500(W) x 500(D)
機械本体寸法 mm 610(W)x460(D)x1500(H) 810(W)x550(D)x1750(H) 1260(W)x970(D)x1850(H)

ZENFormer torque

1mクラスのロングストロークで

射出成型に対応する高精度なサーボプレス。

MP4100NP

MP4100NP
加圧能力 kN 1000
ストローク mm 900
オープンハイト mm 1200
ボルスタ寸法 mm 800(W) x 900(D)
機械本体寸法 mm 1850(W)x1400(D)x3020(H)

ZENFormer Plus

粉末成形に技術革新

3スライド×独立制御で繊細なモーション制御を可能に。

PLUS70

PLUS70
加圧能力 kN インナ 392
アウタ 196
BKO   98
ストローク mm インナ 100
アウタ  70
BKO  100
オープンハイト mm 500
ダイセット取付寸法 mm 500(W) x 350(D)
機械本体寸法 mm 1886(W)x1100(D)x2000(H)

ZENFormerシリーズ共通仕様
駆動方式 ACサーボモータによるボールネジ駆動
最大能力発生位置 ストローク中の任意位置にて発生可能
スライド制御方法 サーボモータによるスライド平行制御
操作・画面表示 スライド式操作盤・カラー液晶タッチパネル
モーション設定 ストローク位置、速度、時間
ストローク位置設定単位 0.001mm単位

 

ZENFormer を導入することで様々な課題を解決できます。
よりわかりやすく、用途や加工事例や導入事例などを
掲載した特設サイト「ZENFormer lab」もご覧ください。

https://www.zenformerlab.com/

デジタルサーボプレス機 ZENFormerの特徴

4軸独立制御

ボールねじ駆動による直動式4軸平行加圧構造は下死点位置決め、加圧力発生、姿勢制御、それら全てをサーボモータの制御で行っている点が、一般のサーボプレスと大きく異なる点です。スライドの四隅に各々設置されたリニアスケールで、4軸の位置を常時ナノレベルで測定し常に監視。測定値を基に、フィードバック制御で、最適な指令値を、各駆動軸に対して指示、偏心荷重が発生する動的瞬間、及び下死点までの全域で高い平行度を実現しました。

この平行制御のもと、最大加圧状態で長時間連続加圧状態を維持する等、あらゆるモーションの設定が任意に可能としています。

平行制御による加圧の優位性

偏心荷重のもとでも傾きを抑制し、高精度なプレス加工を実現。例えば、段差加工等で、成形荷重がバラつく場合でも、設備荷重を最小限に抑えて加工する事が可能です。

さらに、ダブルスライドモデルでは、内側と外側にスライドがあり、それらをインナースライド、アウタースライドと呼んでいます。駆動方式はシングルと同様で、4軸独立駆動方式を採用しており、フルクローズドフィードバックにより、高精度な平行制御とミクロン単位の下死点位置決めも、通常モデルよりも性能を発揮することができます。 

工作機械並みの動的精度を実現

ストローク長さの設定は自由自在に設定できるとともに、ストローク全域で最大能力を発生可能です。ストローク中、及び下死点に於いてミクロン精度の平行度維持を実現します。モーションは、シンプルな V 字モーションの他、W 字モーション、パルスモーション、また下降、上昇途中で速度を変えたりと、自由自在に設定することができます。