世界最高厚さ(750mm)の被加工物から、十数ミクロンの箔の切断まで実施しています。
さらに特殊材・新素材の加工やねじれ形状加工を可能としています。

事例紹介

薄板細部加工

ワイヤーカット放電加工は、ワイヤーに電流を流すことで発生する放電現象によって金属を溶かしながら非接触で切断する工法です。
切削や研削などの機械加工に比べ応力が少ないため、溝などのスリットや材料の切り落とし、さらに他の工法より内角のエッジを作ることを得意としています。
当社では様々な製品に活用していますが、適用例として、熱交換器部品など薄板の格子形状加工に実施しています。
 

上下異形状加工

ワイヤーカット放電加工は、ストレートだけでなくワイヤーを傾けることで角度をつけるテーパー加工が可能です。これにプログラムを応用すれば、表と裏に異なる形状を加工できます。
こちらのサンプルは当社のロゴを加工したもので、「H」の裏側が、「K」という形状になっています。
適用例として、アルミ押出金型の製作時に、アルミが通過する箇所へ押出しのスピードを調整するテーパー加工を実施しています。これにより安定した押出成型が可能になります。
 

螺旋形状加工

ワイヤーカット放電加工と回転装置を活用し、加工物を回転させながら螺旋形状の加工を施しました。
母材から切り出しを行うことで、部品の強度向上が図れます。
遠心圧縮機等の回転体や材料特性から他の加工では困難なスクリュー部品などに実施しています。

中空加工

中空の側面に形状加工する場合、電極を使った型彫放電加工や機械加工が一般的ですが、当社では電極を使わず、他の加工法に比べ短時間且つ高精度な加工ができるワイヤーカット放電加工を実施しています。さらに回転装置を活用することで、側面に異なる形状を同時に加工することも可能です。この技術を航空・宇宙分野で使用される弁軸などの精密部品に実施しています。